にんにく卵黄は薩摩のスーパーフード

「もう最近なかなか疲れがとれなくて…」

こんな言葉をよく母から聞くようになりました。ずっと頑張ってきた母はこのごろ加齢なのか、このようにずっと言っています。

私は助けてあげたくてもなにをしていいかわからなかったんです。マッサージをプレゼントしても、やっぱりそのときだけで、何日かたつとまた疲れたといっている。

だから私は気になっていたにんにく卵黄をプレゼントしたんです。

にんにく卵黄というと、南九州で手作りされた滋養食ですが、なんと西郷隆盛や大久保利通のような薩摩藩士のパワフルな時代を支えたスーパーフードなんだそうです。

だから疲れには最高!そんな母は飲んでからすぐに実感したそうです。

疲れが取れてなかなか目覚めがよくなったり、それに目の下のむくみがとれてシワが少なくなったそうです。

やっぱりスーパーフードですよね。

なんと女性にも絶大な食品だということで、にんにく卵黄を私も飲みたくなってしまいました。

美しくある九州の女性にとって、このにんにく卵黄はハッキリと効果がわかっていたんじゃないでしょうか?

70歳のかたでも肌がきれいなのは、すごいことです。

手作りのにんにく卵黄も今度作ってみようかな?